お知らせ

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2020」ダブル受賞いたしました。

2021.04.21

財団法人日本地域開発センター(主務官庁:国土交通省)による省エネルギー住宅のトップランナーを表彰する制度「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2020」において、「凛」zero-1  が特別優秀賞・省エネ住宅特別優良企業賞をダブル受賞いたしました。

■ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーとは
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーとは、一般財団法人日本地域開発センターが主催する建物躯体とエネルギー設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能の優れた住宅を表彰し、さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいの実現に貢献することを目指している賞です。

■島野工務店は12期連続の受賞

2008年度の初参加以来、毎年受賞を続け今年度で12期連続での受賞となります。2017年度には栃木県内初の「大賞」受賞、今年度も「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2020」において島野工務店が長年注力している省エネ・高気密・高断熱住宅の普及やZEH促進への取り組みが高く評価され、特別優秀賞・省エネ住宅特別優良企業賞を受賞致しました。

受賞商品「凛」zero-1

受賞商品である「凛」zero-1は、HEAT20の推奨断熱グレードの最高レベル「G3」を満たすUA値0.20[W/平方メートル・k]の高い断熱性能を有します。(外張り105mm+内張り75mm 両断熱仕様)